【お客様の声】20代・男性〈16タイプ・パーソナルカラー診断〉

65063eba2bdc94c14913a38208e30387_s

本日はお客様の声をご紹介させていただきたいと思います♪

 

 

某メーカー勤めのKさん、似合う色に興味がある!ということでお越しいただきました。

ビジネスシーンよりカジュアルなシーンの着こなしを知りたいとのことで

「似合う色も知りたいけれど、格好良くなりたいです(笑)」とおっしゃっていました。

 

お若いですからね!お仕事も大事ですがプライベートも大事!!笑

という訳で早速見させて頂いたところ、シーズンはSummer、16タイプではBright-Summerでした。

 

Summerは下の画像・右上のグループです。

4シーズンカラー

※クリック/タップで拡大できます

 

Summerの方に似合う色は、明るく柔らかいブルーベース(青み)の色。

ですがKさんのBright-Summerに似合う色は、明るく鮮やかでくすみのないブルーベースの色

16タイプで診断すると、この微妙な違いが見分けられるため

本当に似合う色を見つけることが出来ます^^

 

 

Kさんは一見、黄みとくすみの強い暗めの肌色 をお持ちのように見えましたが

(これだけで判断するとAutumn(上の画像の左下)に近い印象)

着ていたカーキのジャケットがこのように見せているだけで

白のケープをかけさせて頂くと、ずいぶん肌色が違って見えました。

 

つまりAutumnは黄みとくすみの強い暗めの顔色に見え

似合っていないということです!

ですので、その結果を裏付けするように診断はSummer

Autumnとは正反対の性質を持った色のグループになったんですね。

 

暗めの色、くすんだ色を好んで着ていたとの事で、この事実には衝撃を受け

「こういう色の方が格好いいと思ってたんですけど…」

とおっしゃっていました。

 

 

その見解は正しいんです、暗めの色・濃い色は堅さ・威厳・重厚感につながり

くすんだ色は落ち着きや安定感を感じさせます。

つまり大人の男らしい色合いとなり、Kさんの理想そのもの。…でも顔色が悪く沈んで見える!

 

方向性は間違っていないので、顔まわりにはくすんだ色・黄みの強い色を避け

コーディネートでの色の使い方や、ベストカラー、似合う濃い色等をお伝えさせていただきました^^

 

 

その日にすぐ

「診断を受けた帰り、某店でブルーのブルゾンに一目惚れして購入しました!

 今まで自分では絶対選ばなかった色ですが、これから着たいと思います!」

と連絡をいただきました!

 

後日お会いした際には

「あの診断すごく役に立ってますよ!教えてもらったコーディネートで会社行ったら

 みんなに"モデルみたいだね"って言われて、嬉しかったです!!」

とのお声をいただく事ができました〜^^

 

これは私も嬉しかったですよ〜すごい笑顔で話していただいて!!

お役に立てたようで嬉しい限りです^^

 

Kさん本当にありがとうございました、そして掲載が遅くなり申し訳ありません。

またお越し頂けるとのことで、お会い出来る日を楽しみにしています♪

 

 

『好きな色』と『似合う色』

『自分に見えている自分』と『他人から見た自分』

同じようで全然違い、なかなか自分では気付きにくいもの。

 

かわいく格好良く印象アップして、いい気分を味わいたい方(笑)

お気軽にお問い合わせくださいね。

 

Pocket
LINEで送る

2015-01-14 | Posted in WorksComments Closed 

関連記事