何色見える?色覚テスト

color_01-1
 
突然ですが、上の写真の色、何色あるように見えますか?

この画像は、ニューロマーケティングの専門家・Diana Deval氏がネット上に投稿したもの。

人により認識出来る色の数が異なるのですが、この画像の全ての色を認識できた人は

普通の人よりも多くの色を認識できる『第4色型色覚』とのこと。

 

○20色以下に見えた人…『2色型色覚タイプ』

 このタイプは黒やベージュ、青の服を身につけがちだそう(赤や緑を認識しにくいとされています)人口の25%がこのタイプ。

 

○20〜32色に見えた人…『3色型色覚タイプ』

 青(紫)・緑・赤に反応する錐体細胞を持っており、一般的に100万色ほど認識できるとされています。人口の50%がこのタイプ。

 

○33〜39色に見えた人…『4色型色覚タイプ』

 3色型色覚タイプの青・緑・赤に加え黄にも反応する錐体細胞を持っており、一般的に1億色以上認識出来ると言われています。人口の25%がこのタイプ。

 

つまり、画像の色は全部で39色あったということです。

 

一般的には、男性より女性の方が見える色数が多い、とされています。

女性が化粧品売り場で、20本も30本もの口紅の色を比べている様子を「ほとんど同じ色じゃないか…」と思った経験のある男性は多いはず。

このように、実は人により見えている色の数が違うのです。

 

ちなみに私は37色に見えました…惜しい!!

色に関わる仕事をしている人が、全員4色型色覚だと言うことはありえませんが、比率は高いかも知れません。

統計も出ていませんから、あくまで個人的な想像ですが

やはり多くの色が見えると、少しの差が分かったり、色の楽しみや不思議が増えて興味を持つのかも知れませんね。

 

皆さんは、何色に見えましたか?

 

※モニターにより色の見え方が違う場合もございます
※4色型色覚を保有する人の数は解明し切れておらず、女性の2~3%というような発表もあります
 

Pocket
LINEで送る

2015-03-25 | Posted in いろいろComments Closed 

関連記事