テイスト別・ガウチョパンツの選び方

 

テイスト別、ガウチョパンツの選び方

ナチュラルに着こなしたい、フェミニンに、ビジネスシーンで使えるように…と、人により好きな・必要なテイストやイメージがありますよね。

同じガウチョパンツでも、素材や色柄はもちろん、丈感・シルエット・デザインなど様々な物があり、選び方とコーディネート次第でイメージはかなり変わります

今回はナチュラル派・フェミニン派・キレイめカジュアル派・クール派・ビジネスライク派 、以上5テイストのお勧めコーディネートをご紹介します。

 

ナチュラル派

ナチュラル派は、ハリ感の強すぎない生地を選ぶと、自然な印象が際立ちます。

アースカラーや鮮やかすぎない色、ボーダーやドット柄も◎

麻・綿などの天然素材を選ぶとナチュラル感がかなり強く出ますので、カットソーやゆるいシルエットのトップスと合わせると、取り入れやすいかも知れません。

 

フェミニン派

フェミニン派は、柄物を可愛く着こなすとGOOD。

ギンガムチェックや花柄はもちろん、淡い色合いを選ぶ事もポイントです。

全身甘すぎると着こなしが難しいので、ガウチョパンツが花柄ならトップスは無地に、というように、引き算を意識したコーディネートをすると、程よくフェミニンに仕上がります。

パールなどの上品な小物と合わせてもいいですね。

 

キレイめカジュアル派

キレイめカジュアル派は、ハリ感のある生地と、はっきりした配色を選ぶ事がキーワード。

柄物もOKですが、可愛らしい柄は避け、ストライプやレジメンタルなど直線的な柄を中心に。

ボーダーなどカジュアル感のあるトップスと合わせると、コーディネートが上手くまとまります。

配色もコントラストがある方が、印象が引き締まります。

 

クール派

クール派もしっかりとハリのある生地の物を選び、全身を同系色や近い色・トーンでまとめると、一気に雰囲気が出ます。

色数を絞る分、レザーを取り入れるなど素材にこだわったり、靴やカバンなどの小物をエッジの効いたものにすると、よりクールでカッコイイ印象に。

小物はアクセントカラーとして、ビビッドな色を持ってきても素敵です。

 

ビジネスライク派

ビジネスシーンでも取り入れられる、ガウチョパンツのコーディネートに必要な物は、やはりシャツやブラウス。

ルーズなシルエットや奇抜な色柄は避け、シンプルで清潔感ある着こなしを意識しましょう。

ジャケットを羽織ったり、シンプルなベルトでウエストマークすると よりビジネス感が増します。

また、透明のビジューやパールなどのシンプルなアクセサリーも、程よく華を添えてくれます。

 

 

▷『ガウチョパンツのいいところ』はこちら

▷『誰でも着こなせる・体型別 ガウチョパンツの選び方』はこちら

Pocket
LINEで送る

2015-04-15 | Posted in パーソナルスタイルComments Closed 

関連記事