黒のイメージと心理的効果

image_black01

黒のイメージ

[有形]闇・夜・髪・フォーマル・葬式・カラス

[無形]強さ・絶望・高級・恐怖・悲しみ・格調高い・重圧・都会的・死

 

オシャレで格好いいが、マイナス面が強く出やすい色

黒はオシャレで格好いい反面、闇や死・恐怖などを強く象徴する色です。

威厳とセンスを感じ、プロフェッショナルが最終的にたどり着くと言われる黒は、高級感や格調高さ・存在感を醸し出します。

反面感情を抑え・押し殺し、心に重いものを抱えている状態を表す色でもあり、色彩心理的にはマイナス面が強く表れやすい色なので注意が必要です。

インテリアに用いる場合、スタイリッシュですが圧迫感を伴い、狭い空間をより狭く暗く感じさせてしまうため、ポイント使いがオススメです。

 

黒の心理的効果

image_black02

・心理的に閉鎖させ、感情を抑える

・気持ちを引き締める

・高級感や格調高さを演出する

・圧迫感、重厚さを感じさせる

・オシャレ、センスの良さを感じさせる

・不安や恐怖を与える

 

黒を好む人の特徴

・強い信念を持っている

・閉鎖的で心を閉ざしがち

・エネルギーが低下している

・格調高い雰囲気を好む

・人と同じことを嫌う

・弱い自分を見せたくない

 

☆ 黒を好む時・苦手な時

Blanc-Pointillustration_F01黒は何色にも染まらない、確固たる強さを持った色。

自分の意思や信念を貫きたい時、人と交流をしたくない(自分で決め・向き合いたい)時に手に取りやすい色です。

強いストレスや不安、恐怖、重圧を感じている時にも選びやすい色なので、黒が気になる場合は自分の心の状態に注意する必要があります。

明るく開放的な気持ちの時や、人と交流を取りたい時、幸せに満ちあふれている時は、正反対の黒は目にも入らないでしょう。

それくらい、閉鎖的でマイナスな面が強く出やすい色なのです。

 

Point

黒はオシャレで格好いい反面、闇や死・恐怖などを強く象徴する色。

高級感や格調高さ・存在感を醸し出しますが、マイナス面が強く出やすい色なので注意が必要です。

ファッションやインテリアでは上手に取り入れる事で、センスの良さをアピールすることが出来ます。

 

◦他の色の効果はこちらから◦

ピンク

オレンジ

グレー  
Pocket
LINEで送る

2016-02-07 | Posted in 色の基本知識, カラーセラピーComments Closed 

関連記事