色の専門家なのに似合わない色を着る理由

こんにちは、管理人のみくるみです。

さて、私はカラーアナリストであり、これまでもパーソナルカラーのことや似合う色の良さをお伝えしてきました。

似合う色って、本当に便利で素敵なんです。

毎日の洋服に迷わなくなるし、人から褒められるし、なんだか毎日がちょっと楽しく明るくなる…

もちろん、自分に似合う色もよく知っています。

 

でも、実は私、似合う色あまり着ていません。

具体的に言うとワードローブの半分くらいでしょうか。

私のベストカラーのピンクに至っては、1枚しか持っていません

似合う色を完璧に知っているのになぜか?それは私の場合、似合う色と好きな色が少し違うからなのです。

 

似合わない色を着る理由

私のパーソナルカラーは、サマー(夏)です。

上品で優しく・かわいい色やパステルカラーが良く似合うタイプ。

水色・ピンク・ラベンダーなどが代表的で、そういった色もかわいくて好きなのですが…普段着としてはベージュやグリーン系の”ナチュラルカラー”も自然体で落ち着いて好きな私。

よく着ていますが、サマータイプは、茶系・グリーン系は似合いにくいのです。

じゃあなぜわざわざ似合わない色を着るのか?それは“好きだから”です。

サマータイプによく似合うネイビー・ブルー・グレー系もよく着ますが、それと同じくらいベージュ系の服を着ています。

 

似合う色に縛られなくていい

好きと言うことは、心が満たされます。幸せな気持ちになって、自分らしく落ち着くのです。

似合う色は、外見が満たされます。見た目が良くなって、それにともなって良い評価や良い結果に繋がったり、モチベーションが上がったりします。

だから私は、普段は好きな色優先、仕事モードやイベントがある時などは似合う色優先 という風に使い分けています。

(と言うか手が勝手に取り分けています…笑)

よくパーソナルカラー診断で似合う色を知って、その色しか着られなくなったという声を聞きますが、それではもったいない!

似合う色が分かってラッキーくらいに思って、好きな色や似合わない色も気にせず取り入れていいのです。

家でダラダラしたいとき、集中して自分の時間を過ごしたいとき…こういうときは、自分の心が満たされることの方が、優先順位が高いと私は考えています。

では似合わない服はそのまま着るの?いいえ、ひと手間でちょっと似合う服に変身させます。

続きはこちら↓

 

〇こちらもおすすめです〇


Pocket
LINEで送る

2018-02-04 | Posted in みくるみのはなし, パーソナルカラーComments Closed 

関連記事