夏こそ!カラフルなカーディガンで、楽々オシャレ&快適に♪

2matome.naver.jp
 
例年に無く暑いと言われる今年の夏、ノースリーブや涼しそうな服ばかり着ている!という方も多いのではないでしょうか。

実は、夏こそカーディガンが役に立つんです!

今回は夏のカーディガンコーディネートを見ていきましょう。

 

楽々オシャレ&実用的!夏のカーディガン事情

これだけ暑いと、冷たい物ばかり飲んでしまうように、つい露出多めの涼しげな服を選びがちになりますよね。

ですが実は、カーディガンを羽織った方が快適な事もあるんです!

砂漠地帯の方は肌を露出せず、全体を布で覆っています。そうでなければ日差しで肌が焼けてしまうから(日焼けでは無く"焼ける")

そう、あまりにも日差しが強い場合は、肌を隠した方が暑さが軽減されることもあるのです。

ただし日本は湿度が高く不快な場合がありますので、湿度が比較的低めの場所・時期で、夏用のさらっとした素材の物を身にまとう場合に限ります。

日焼けも防ぐ事が出来ますし、一石二鳥ですね!

120e27c6a6ee537f3443f49dc65e7331_s

そして夏のシンプルなTシャツ&パンツのコーディネートでも、カーディガンひとつプラスすることで、オシャレ度&華やかさをアップする事が出来ます♪

室内は寒いことも多いので、そんな時にさっと羽織れるという優れもの。

秋冬物と思われがちなカーディガンですが、夏にも活躍するアイテムなのです。

 

冬物と違う?夏のカーディガン

たまに冬物のカーディガンをそのまま夏に使用している方を見かけますが、これはやめておいた方が無難。

なんと言っても暑い!

素材や作りが違うため、肩に掛けているだけでも暑さが倍増し、とても着られるものではありません(冷房の効いた室内のみでの使用はOK)

同じように見えるものでも、夏用のカーディガンは素材が軽くさらっとしており、吸汗・速乾性が違います。

UVカットが施されているものもありますので、ちゃんと夏物のカーディガンを用意するようにしましょう。

リーズナブルな価格でも沢山出回っていますので、ひとつ持っておいて損はありません♪

 

夏こそ!楽々オシャレ&実用的なカーディガンコーディネート

それでは早速、色とりどりのカーディガンを使った、すぐに真似できそうな夏のコーディネートを見ていきましょう。

20150729232440616_500

★白のワントーンに、ロングカーディガンをさらっと羽織ったコーディネート。夏でも暑苦しさがありません◎

 

2gathery.recruit-lifestyle.co.jp

★肩掛けスタイルがシンプル。グレートネイビーは相性が良いため合わせやすく、すぐに使えそうなコーディネート!

 

20150729144331466_500

★ブラックのワンピースに、濃いグリーンのカーディガンが大人っぽいコーディネート。室内ではそのまま羽織っても使えますね♪

 

20150616114943276_500

★トレンドのガウチョパンツと合わせたコーディネート、鮮やかなブルーのカーディガンを肩掛けする事で、目線が上に行き、よりスタイル良く見せることが出来ます♪

 

3matome.naver.jp

★ネイビーのボーダーに、レモンイエローの薄いカーディガンを羽織ったコーディネート、透け感とポップな色合いが夏らしいですね!

 

20150529140452886_500

★鮮やかな赤のカーディガンがアクセントになったコーディネート。他をモノトーンでまとめているため、赤が映える可愛らしいコーディネートに♪

 

20150526100316297_500

★定番のデニム×シャツに、鮮やかなオレンジのカーディガンを腰巻き。カーディガンがあるだけで、ポップにオシャレ度がアップしていますね♪

 

20150514170432776_500

★シンプルなマキシワンピースに、ビビットなイエローのカーディガンを腰巻き。肌寒く感じたら羽織ることも出来る、実用的なコーディネートです♪

 

明日から真似したいコーディネート、見つかりましたか?

 

今日のポイント

羽織っても・巻いても・掛けても使えるカーディガン。

UVカット加工が施されたものもあり、日差しよけに、冷房対策にと、実は夏の女性に欠かせない便利なアイテムなのです。

アクセントとしてカラフルな色に挑戦してみても、夏らしくて良いかも知れませんね♪

 

画像出典元:zozo.jp

 

Pocket
LINEで送る

2015-08-08 | Posted in パーソナルスタイルComments Closed 

関連記事