ビッグシルエットが似合う人・似合わない人の特徴と着こなしポイント

ゆったりとしたラインで体の線を拾わず、カジュアルな印象のビッグシルエットの洋服。

アップデートしつつ長く流行していますが、挑戦したみたいけれどどうしても似合わない・という方も居るのではないでしょうか。

ビッグシルエットは似合う人・似合わない人がはっきりしやすいスタイルなので、自分に似合うかどうか・着こなしのポイントなどを紹介します。

ビッグシルエットが似合う人・似合わない人の特徴

ビッグシルエットの洋服は 骨格タイプで言うとナチュラルの方に似合いやすく、ウエーブの方は似合いにくい場合が多いです。

それでは詳細を見ていきましょう。

骨格タイプナチュラルに似合う・ウエーブの人は避けるべき

ナチュラルタイプといえば骨感があり 凹凸の少ない体型。

そんな方はビッグシルエットを自然に着こなすことができます。

ゆるっとしたシルエットでカジュアル感が強いので、ナチュラルタイプの持つ印象にもぴったり。

対してウエーブタイプは丸みがあり上半身が薄く ウエストラインや曲線が目立つ体型。

このような方はビッグシルエットの洋服を着るとどうしても”着られている” ”だらしない”感じが出やすくなります。

ビッグシルエットは着こなせればラフでかっこいいのですが、似合わないととても残念な印象になるので注意が必要です。

ストレートタイプは選び方により似合う場合も

骨格タイプストレートは、メリハリがありバストやヒップラインがキュッと上がった、華やかなボディ。

基本的にスーツやシャツに代表されるようなキッチしりたスタイルが似合うタイプなので、ビッグシルエットでもコートやジャケットなどは似合う可能性があります。

ただし胸のある方は胸の位置から下にズドーンと落ちたシルエットになり、太って見えやすいので注意が必要です。

似合うという観点だけでいうと、骨格タイプナチュラルの方以外は避けた方が無難だと言えます。

細すぎても太すぎても似合いにくい

ペストなのはそこそこ身長があって、やや細身だけれど健康的な体型の人。

細すぎると「着られている・だらしない・みっともない」といった印象が強くなり、体型が豊かだと「体の大きさ・厚みが強調される」ことになります。

体に沿わないシルエットなので体型カバーになると思いがちですが ウエストラインなど細い部分も隠してしまうので、豊かな体型の人が着ると全くメリハリがなくなり、体の厚みや大きさだけが強調されてしまいます。

また、細身の人が着ると 着られている感はもちろんありますが、守ってあげたいような幼いような、かわいい(頼りない)印象にもなります。

海外ではこういった印象は好まれませんが、日本では好まれる傾向にあるので、狙っている方ならありかも知れませんね。

似合う人はほとんど居ない…?!

ビックシルエット、実はとても着こなしが難しく、本当に似合う人は少ないスタイルです。

流行っているのでたくさん目にしますし 着ている人も多いので違和感を感じませんが、完璧に似合っていると言える人はかなり少ないスタイルなので、似合わなくても落胆しなくてOK。

オーバーサイズが好きなら、自分にできるだけ似合う範囲で楽しんでしまいましょう。

ビックシルエットを着こなすコツ

完璧に似合っているわけではないけれど着たい、けれど太って見えたりだらしなく見えたくない…という方のために、ビックシルエットの着こなしのコツを紹介します。

一度試着室で試してみてくださいね。

普段より小さめのサイズを選ぶ

例えばいつもMサイズの服を来ているのなら、SやXSにも袖を通してみましょう。

かなりオーバーサイズに作られているものも多いので、案外何サイズか下げても問題なく入って いい感じに着れる事もあります。

ゆったりしたラインは保ちつつ、体型に合ったものを選べるのでおすすめの方法ですよ。

ボリュームを出すのは、上半身か下半身どちらかにする

上半身がビッグシルエットの場合 ボトムはスキニーパンツにしたり、ボトムがゆったりしている場合は上は体に沿ったニットにしてみたり…全身ビッグシルエットは本当に似合わないと難しいので、上下どちらかをコンパクトにまとめてバランスをとりましょう。

ウエストラインをマークしたりしてもいいですね。

好きなら気にせずビッグシルエットを楽しんで

当サイトではいつも言っていますが、似合う似合わないよりも好きか嫌いかが大切。好きは気持ちを明るく楽しく、前向きにさせてくれます。

ただ、あまりにも似合わないと残念な印象を与えてしまい損する事もあるので、ちょっとコツを取り入れつつ、好きなスタイルを楽しんでくださいね。

自分には似合わないけれど、たくさんの人が着ているのになぁ…と思っている方も多いビッグシルエットの洋服。

実は完璧に似合う人は少ないので、自分なりに着こなして楽しんでみてくださいね。

Pocket
LINEで送る

2020-01-16 | Posted in パーソナルスタイルNo Comments » 

関連記事