自分だけの『似合う服』に出会う、骨格診断&パーソナルスタイリング vol.4

cea22712fbd18b2578b9a23103a231dc_s
 
骨格診断&パーソナルスタイリングシリーズ 第四弾!

前回の記事で自分の骨格に似合うアイテム・コーディネートをお分かり頂けたと思いますが

今回は、似合うものと着たいものが違う!という方のための『変化のつけ方』をお届け致します。

 

 

 

似合わないけれど好きなものは、やっぱり着ない方がいい?

骨格診断で分かる"似合う"は外見的なものであって、好きなものは"心に似合う"ものなので、どちらも着てOK!

人から見られる場や大事なシーンなら、自分の骨格にあった、外見的に似合うものを

プライベートな場や、自分の気持ちを優先できるシーンでは、心に似合うものを、という風に、上手に使い分ければいいだけなのです。

そのためにも、似合う・似合わないものを知っておくことは大事。

また、例え骨格に合わない洋服でも、どうしても好き・着たい場合

「好きなんだけれど何故か似合わない…」と思って着るよりも、「似合って無くても好きだから♪」という気持ちで着る方が、姿勢も表情も変わり、輝いて見えるもの。

似合う洋服と好きな洋服、どちらも納得した上で、自信を持って素敵に着こなしましょう。

 

 

ストレートタイプ

かっちりキレイなアイテムが似合い、堅くなりがちなストレートタイプのコーディネート。

アウトドアシーンや、子育て中でで動きやすい洋服が着たい場合などのコーディネートが難しいとされ、どうカジュアルダウンするか、がストレートタイプの課題。

 

○色・柄でカジュアルダウンする

 →ラインだけでは無く、黒や紺などの色もかっちりと重たい印象を作りがち。
  同じアイテムでも、明るい色や柄が入ったものにすると、随分印象が変わります。
 
1210140454-091_SUB_240

○素材感をラフなものに変える

 →ジャケットのようなかっちりアイテムでも、素材を薄く、ハリの少ないものに変えると、事前にカジュアルダウンすることが出来ます。

ST110

トレンチコートも、自然なシワが寄るくらい柔らかさのあるものだと、キレイなまま着崩すことが出来ます。

ストレートの方は『きちんとキレイ』を守りたいので、アイテムや形は妥協せず、素材・色柄で変化を付けると良いでしょう。

 

ウエーブタイプ

可愛いさが際立ち、フェミニンで女性らしいアイテムが良く似合うため

ビジネスシーン向けやナチュラルな装い、また年齢を重ねると難しくなってくる、ウエーブタイプのコーディネート。

可愛いばかりのコーディネートをどう変化させるか、がウエーブタイプの課題。

 

○曲線を感じる要素を持った、違うタイプの洋服を取り入れる

 →いわゆるストレートの方に似合うタイトスカートや、ナチュラルの方に似合うシンプルシャツでも
  ティアード仕様のような揺れ・曲線を感じられるもの、フリルやビジューのような華やかさがプラスされたものを選ぶと、ウエーブラインを損なわずにアイテムを変えることが出来ます。
 
001029901215_15
1660110473-111_MAIN_240
 

○甘くなりすぎ、は色とライン、どちらかを引いて抑える

 →年齢を重ねた場合、甘すぎる・可愛すぎるコーディネートやアイテムは『無理』を感じさせてしまう場合が多々あります。
  そんな時は、曲線的な紺のワンピース or シンプルなピンクのワンピースという風に、色かラインのどちらかを引いて、甘さを抑えた大人のコーディネートを作りましょう。
 
ウエーブタイプの方は、可愛さを上手に加減し、曲線を大事にしたまま違うアイテムを取り入れると、魅力を損なわずにコーディネートを楽しめます。

 

 

 

ナチュラルタイプ

ラフでカジュアルで、自然なコーディネートが得意なナチュラルタイプは、そのラフさ故に冠婚葬祭の場で必要になってくるような、カッチリした装いが難しい場合も。

フォーマルな場もOKな、かっちりアイテムも着こなすことが、ナチュラルタイプの課題。

 

○ナチュラルな素材感から脱出する

 →ナチュラルタイプの方に似合うものは、ハイゲージやざっくり感のあるもの、シワ感のあるものなど、フォーマルな場にそぐわないものが多め。
 ですので、ある程度ゆとりのあるラインは残したまま、素材感をハリのある、目の詰まったものにシフトしましょう。
 
 NT110
 

○アイテムを変えても、縦に長さを残す

 →ナチュラルタイプの方は、縦に長さががあるスタイル(ロングコート・マキシワンピ・ストールを流す)などが似合いますので
  アイテムやテイストを変えても長さを残すことで、上手くバランスを取ることが出来ます。
  ストールがOKな場であれば、さらっと首に掛けて長さを出すと、ナチュラルタイプらしい装いが完成します。
 
8530159566-112_MAIN_240
 
また、可愛いアイテムを着たい場合は、レースやフリルがここぞ!と付いたものよりも、明るい色合いやボーダー柄などで、無理なくで叶えるカジュアル可愛いを心がけて。
 
ナチュラルタイプの方は、ラフ過ぎないように素材を調節することで、大人のリラックススタイルを作ることが出来ます。
 
 
 
自分だけの似合う服に出会う、骨格診断&パーソナルスタイリングシリーズ全4回、いかがでしたか?
似合う服も、似合わないけれど好きな服も、使い方と気持ち次第で、あなたを輝かせてくれるもの!
その為にも、しっかり納得して洋服を選べるようになりましょう。
 

掲載画像出典:http://mix.tokyo

Pocket
LINEで送る

2015-05-28 | Posted in パーソナルスタイルComments Closed 

関連記事