パーソナルカラー サマー(夏)タイプの特徴・似合う色

Image wordソフト・優しい・清楚・上品・エレガント・おしとやか・控えめ

サマーの色の特徴

色相明度清濁代表的な色名

ブルーベース

(青み)

高〜中明度

(明るい)

濁色系

(ソフトな色合い)

ローズピンク

スカイブルー

ラベンダー

ライトブルーグレー

夏と言えば、強く鮮やかな色を思い浮かべるかも知れませんが、パーソナルカラーのサマータイプは

夏の日差しをあびて一面が白んで見えたり、梅雨〜初夏のくすんで見える空だったり、そんな1枚ベールをかけて世界を見ているかのような、優しいイメージの色の集まりです。

全体的に青みを帯びていてやや濁りあるソフトな色や、パステルカラーが多くあります。

ベーシックカラーとしてはグレーがベスト、上品な印象をより引き立ててくれます。

似合う色名と色選びのコツ

明るくソフトな色が多く、青みある涼しげな色・優しい色使いがよく似合うタイプです。

ぱっと見て分かるように、パステルカラーやグレイッシュな淡い色全般が得意。ピンクやラベンダーなど優しい色が良く似合います。

青系はサマーの代表とも言える色なので、淡いブルーからステラブルーのような深みのあるブルーまで幅広く似合います。

夏の色は無難な色が多いのですが、それを上品に魅力的に身につけられるのがサマータイプの特徴なので、自然と好感度の高い色使いが出来るのです。

アクセサリーはシルバーかピンクベージュがおすすめです。

サマータイプの色が似合うと?

このシーズンの色が似合う場合と似合わない場合では、下のように印象が変わります。

〇似合う×似合わない

色白に見える

上品に見える

肌に透明感が感じられる

優しくソフトな印象

肌がなめらかに見える

青白く見える

不健康な印象

弱々しく見える

印象が薄くなる

サマータイプの色はブルーベースなので、肌に青味が足されて見えます

また、淡い色や濁色が多いため、全体的に似合えば上品・似合わなければ地味な印象になりがちです。

色の要素がプラスに現れるかマイナスに表れるかで、印象が大きく変わるのです。

パーソナルカラーがサマータイプの人の特徴

肌の色目の色髪の色顔の印象

ナチュラル〜ピンクベージュ系

明るめで青みがかっている

マットな肌質

赤茶・紅茶色

ソフトな黒色

ソフトな黒色

赤茶・茶色

おだやかで

優しい印象

優しい色の雰囲気と同じ、ソフトで控えめ・上品な印象の人が多いグループです。

○こちらもおすすめです○

※お使いのブラウザにより、多少色味が異なって見える場合があります

Pocket
LINEで送る

2017-04-14 | Posted in パーソナルカラーComments Closed 

関連記事