少数精鋭!少ない洋服でもたくさん着回して、コンパクトに暮らす方法

クローゼットにたくさん洋服があるのに、毎朝着る服で悩んでいたり

季節が変わるたびに「去年何着てたかなぁ…」「着る服がない…!」と言っていたりすること、ありますよね。

実は服の枚数が多い=着る服がたくさんある、ではありません。

少ない数で上手に着回した方が、とっても経済的でコンパクト。

今回はそんなスッキリした生活を目指すために、上手な着回しのコツを紹介します。

 

 

1.ベーシックなアイテムを一通り揃える

ベーシックなアイテムとは、流行り廃りの少ない基本的なものを指します。

これは人(その人の生活スタイルなど)により少し差がありますが、若者から年配の方まで多くの人が1枚は持っているようなもの…例えばデニムやTシャツ・ニットのこと。下に一例を紹介します。

●レディースベーシックアイテム一例〈Tシャツ・シャツ・ニット・カーディガン・デニム・スカート・シャツワンピース〉

 

●メンズベーシックアイテム一例〈Tシャツ・シャツ・ニット・ジャケット・デニム・ジョガーパンツ・チノパン〉

どうでしょう、クローゼットに1枚はあるようなアイテムばかりですよね。

こういったベーシックな洋服はコーディネートの土台となるものなので、着回し力も非常に高い”ヘビロテ”アイテムばかりです。

まずはこのような、自分に合ったベーシックアイテムを一通り揃えるとコーディネートが楽になりますよ。

 

2.印象に残らないものを選ぶ

少ないアイテムでの着回しを重視する際、印象に残るアイテムはネックになります。

例えば派手なヒョウ柄や大花柄、ドット柄・鮮やかな配色や個性的なプリントアイテム、など。下のイラストを見てみて下さい。

このように、派手な色・奇抜で個性的な柄になるほど目に入り、印象に残りやすくなります。

印象に残ると言うことは、あの服前にも着ていたなぁと覚えられやすいと言うことです。

その洋服自体は素敵でも、印象に残らないアイテムの方が “着回しているな” “あの服よく着ているな”と分かりにくいため使いやすいのです。

 

3.上にも下にも重ねてOK!

着回しの基本に”重ね着”がありますが、ワンピースとカーディガンがある場合、どのように重ね着しますか?

普通はワンピースの上にカーディガンと考えますよね。

でもカーディガンのボタンをとめてニットとして着ると、ワンピースの下に重ねることが出来ます。

このように、重ね着=上に重ねる と言う概念を取り払うと、コーディネートの幅がぐっと広がります。

7分袖の下に長袖を重ねたり、ワンピースをスカートの中にインしたり、長袖の上にノースリーブを着たり…自由な発想で着回してみて下さいね。

 

4.本当に好きなものをワードローブに

使うかなぁと悩んで買った、セールで安くなっていたから買った…そういった洋服って、クローゼットの肥やしになっていませんか?

服の枚数が多い=着る服がたくさんあるではない、というのはこういうことで、結局は好きな服か使いやすい服ばかりを着てしまうもの。

多すぎると持っている物が把握出来ず、イマイチなアイテムも含めてコーディネートに頭を悩ませることになるだけ…

つまり枚数は少なくても、好きな洋服と使える洋服だけを揃えている方がはるかに着回しやすいのです。

使える洋服は1のベーシックアイテムになるので、あとは本当に好きな洋服を少し、ワードローブに加えましょう。

 

好きなものと使えるものだけがある、スッキリ片付いたクローゼット。

それだけで、毎朝の洋服選びと着回しがとても簡単になりますよ。

Pocket
LINEで送る

2019-04-10 | Posted in パーソナルスタイルComments Closed 

関連記事