ハイゲージニットとローゲージニット ~与える印象の違い~


ハイゲージニット・ローゲージニットの違いとは

ニット素材は着やすく動きやすく・コーディネートしやすくとても便利ですよね。

そんなニットに「ハイゲージニット」「ローゲージニット」という種類があることをご存じでしょうか?

この2つの違いは、簡単に言いますと編み方の違い・編み機の針の密度の違いを指します。

聞いたことはあるけれど、言われても分からない・ピンと来ないという方のために、2つの違いやイメージの差をご紹介します。

 

ハイゲージニットとは

 

ハイゲージとは、一見編み目の分からない、細かく密に編み込まれた状態のこと。

このように、基本的に『編み目』が目立たずすっきりしており、コーディネートもしやすい代表的なニットです。

 

〇ハイゲージニットの印象

一般的にハイゲージは、すっきりと着こなせるため、洗練された・モードな・コンサバな…といった、クールで知的・綺麗な印象を与えやすくなります。

メンズライクなコーディネートも、スーツのインナーに使用しても、フレアスカートと合わせてデートスタイルにもOK。

プライベートはもちろん、ビジネスシーンでも使える万能ニットですね。

定番アイテムで個性が出にくい部分もありますので、明るい色を選んだり、首元の開き具合など細かいディティールにこだわって、自分に似合う1枚を選べると素敵です。

 

ローゲージニットとは

ローゲージとは、このようにざっくりと粗く編まれた状態を言います。

ハイゲージに比べ、編み目や凹凸・模様がよく分かる作りになっています。

 

〇ローゲージニットの印象

一般的にローゲージはざっくりとボリュームがあるため、ナチュラルな・飾らない・あたたかい…といった、自然でかわいらしく、優しい印象を与えやすいです。

淡い色合いを選ぶとさらに可愛らしく柔らかい印象になり、サンドカラーやグレーだと森ガール・北欧系のコーディネートにもぴったりです。

ローゲージはルーズなシルエットが魅力なのですが、体型によっては太って見える場合もありますので、体に合った1枚を見つけられると可愛く着こなすことが出来ます。

もちろん、選ぶ色やコーディネートにより様々な印象をつくることが出来ますが

大きくこのようなイメージを与えやすいことを知っておくと、TPOに合わせた洋服選びが少し楽になりますのでおすすめです。

 

▷ハイゲージニットとローゲージニット ~体型による選び方~

▷自分だけの「似合う服」に出会う、セルフ骨格診断シート

Pocket
LINEで送る

2014-11-18 | Posted in パーソナルスタイルComments Closed 

関連記事