光の三原色・色の三原色

Blanc_eyecatch_01 

三原色とは

割合を変えて混合すれば、すべての色を表すことができる「基本となる三つの色」の事を指します。

光と色ではこの基本の3色が異なり

光の3原色…Red(赤)・Green(緑)・Blue(青)

色の三原色…Cyan(緑みの青)・Magenta(赤紫)・Yellow(黄色)

それぞれの色の頭文字を取って、光の三原色はRGB、色の三原色はCMYと呼ばれます。

 

光の三原色

Blanc_contentsimage_light3

光の三原色はRed(赤)・Green(緑)・Blue(青)で構成されています。

色を混ぜるほど明るくなり、RGBが同時に重なると白く見えることが特徴で「加法混色」とも呼ばれます。

テレビやパソコンのモニターなどのような発光体では、この三原色を使ってさまざまな色を再現しています。

〈光の三原色の使用例〉カラーテレビ/パソコン・スマートフォンのモニター/スポットライト/デジタルカメラ

 

色の三原色

Blanc_contentsimage_color3

色の三原色はCyan(緑みの青)・Magenta(赤紫)・Yellow(黄色)で構成されています。

色を混ぜるほど暗くなり、CMYが同時に重なると黒に近い色に見えることが特徴で「減法混色」とも呼ばれます。

プリンターのインクがCMY+K(黒)なのはこのためで、理論上CMYKで全ての色を表現できると言うことになります。

〈色の三原色の使用例〉カラー印刷/絵の具やペンキ・染料などの色再現

 

☆豆知識 〜インクに"K"がある理由〜

Blanc-Pointillustration_F01なぜインクにはK(黒)があるのでしょうか?

色の三原色を混ぜれば黒になるのでは?と思われた方、鋭いですね!

理由は「完全なCMYを再現できないこと」「CMYを混色しても完全な黒にはならない」からで、黒を足して色再現をしているというわけです。

ちなみに黒はBlackなのに"B"とせず"K"と表すのは、Blue(青)と間違えないためです。

 

Point

●光の3原色…Red(赤)・Green(緑)・Blue(青)→RGB

 混ぜる色数が増えるほど明るくなるため「加法混色」とも呼ばれる。

●色の三原色…Cyan(緑みの青)・Magenta(赤紫)・Yellow(黄色)→CMY

 混ぜる色数が増えるほど暗くなるため「減法混色」とも呼ばれる。

つまり、インキは混ぜると黒くなり、光は混ぜると白くなります。

 

Pocket
LINEで送る

2016-03-07 | Posted in 色の基本知識Comments Closed 

関連記事