雨の日と色の関係~気持ちと連動する色~

0d7de1f03b34251e1506c64c4ab3c7c5_s
 
神戸は連日の雨でしたが、やっと晴れ間が見えた今日。

雨も情緒があって素敵だと思いますが、何日も続くと、少し気分が沈んでしまいがちですよね。

 

そんな気持ちが影響して、雨の日はグレーの服を着ている人が多いって、ご存じでしたか?

 

色は見た目に変化をと影響を与えるだけでは無く、心理的にも大きな作用を与えます。

逆に言うと、選ぶ色や気になる色には、心の状態や何らかのメッセージが反映されていると言うこと。

 

雨の日の空は太陽が見えず、雲に覆われ、暗い色をしていますよね。

明るい太陽の光が当たらず、自然やものの色もいつもより暗く見え、憂鬱になってしまう気持ちと連動して

ついグレーを中心とした、暗い色を選んでしまいがちに。 

ですが本当は、太陽が当たらないことで、晴れた日より体が色を欲している状態なので

明るい色の洋服を着ると、カラーパワーをより感じることができる時なのです。

 

明るい色は、暗くどんよりしてしまいがちな雨の日の気分を、プラスに変換してくれます♪

 

お勧めはイエローオレンジイエローグリーンと言った、ビタミンカラーと言われる色。

明るく前向きな気持ちにしてくれ、新しい事へのチャレンジ精神も沸いてくる、まさに心のビタミンカラー。

ぜひファッションはじめ、身近に取り入れて、雨の日も楽しい気持ちで過ごしたいものですね。

 

そんな私も、今日はイエローの花柄トップスです♪

 

 

雨の日はチャンス!

積極的に明るい色・ビタミンカラーを取り入れて。

心に色のパワーをチャージして、雨の日も明るく有意義に過ごしましょう♪

 
 
次回は『雨の日と色の関係~もっと色が欲しくなる~』をお届けします。
 
 

Pocket
LINEで送る

2015-04-07 | Posted in 色の雑学, 色彩心理・カラーセラピーComments Closed 

関連記事