パーソナルカラー診断を受けた後は…効果を最大限に発揮する方法

M009
 
今日はよく、パーソナルカラー診断を受けて頂いたお客様にお話をする

『パーソナルカラーを最大限に活かす方法』をお届けいたします◎

 

パーソナルカラー診断で自分のシーズンが分かったら…

パーソナルカラー診断では少なくとも4シーズン、春・夏・秋・冬に分かれているので

一度受ければ、自分にどのシーズンが似合うのかは分かるはず。

ここでチェックして欲しいのは、自分のシーズンの色の特徴をしっかり理解できているかどうか

 

例えば、パーソナルカラーが春(Spring)だった場合、イエローベースの・明るい・鮮やかな色が似合うタイプ。

この特徴をしっかり理解できていないと、何となくは分かるけれど

結局カラーチップやカードを見なければ色が選べない、という事になりがちです。

まずは自分に似合う色のグループ、パーソナルカラーの特徴をしっかり理解して、選べるようになりましょう。

 

似合う色は顔周りに持ってくることが重要!

パーソナルカラーは同化効果です。

パーソナルカラー診断では色布(ドレープ)を胸元に当てて、顔写りの変化を見ますが

これはドレープの色と色の効果が顔に反映され、顔色や印象が変化していると言うこと。

つまり、パーソナルカラー(似合う色)が顔に映り込む位置にあることが重要なんです。

 

よくパーソナルカラー診断後に「じゃあこの色の靴買いますね♪」とおっしゃる方がいらっしゃるのですが

もちろん似合う色なので、コーディネートに使うのも◎

だけど顔周りに似合う色を優先して持ってきてください〜!とお伝えしています。

 

というのも、誰かと話すとき、顔や顔周りを一番見ますし、覚えていますよね。

顔周りに"似合う色"を持ってくることで、顔色が良くなる・肌つやが増す・印象がより良くなる…そんな効果が最大限に発揮されるのです。

 

では具体的に、顔周りのアイテムとは?

パーソナルカラー診断は、首のすぐ下〜胸元にドレープを当てて行い

「本当に顔色が違う!」「肌に透明感が増した!」「これは老けて見える!」等の"顔写りの変化"を感じて頂けると思いますが

それと同等の効果が望めるアイテムと言えば、トップスです。

Tシャツでもニットでも、トップスは顔に近い位置にありますよね。

ですからボトムより小物より、トップスに、似合う色を持ってきて欲しいのです。

419447-07

 

また、マフラーやストールなどの巻きものにも、パーソナルカラーを取り入れるとGOOD。

こちらは季節やコーディネートにもよりますが、首回りに来るものなので、トップスより顔に近い場合も。

積極的に似合う色を取り入れて欲しいアイテムです。

 

そして忘れてしまいがちなのが、ヘアカラー。

髪は顔に密接していますから、とても重要な部分!ぜひ似合う色にカラーリングしてくださいね。

 

 

パーソナルカラーを知ると、それだけでも楽しい気持ちになりますが

その効果を最大限に活かし、魅力を何倍もアップ出来ればもっと楽しいですよね!

 

似合う色の特徴を理解し、選び、顔周りに優先して持ってくる。

これであなたの魅力&印象アップも間違いなし!

 

自分らしく輝くためのパーソナルカラー、見つけてみませんか?^^

 
Pocket
LINEで送る

2015-04-22 | Posted in パーソナルカラーComments Closed 

関連記事