ウエディングシーンに活かす!パーソナルカラーとスタイリングで、自分史上最高の私に vol.2

c772fd9daba1b0301dac5bec47ec118f_s
 
前回に引き続き、ウエディングシーン・結婚式で最高の自分になるための、色とスタイリングをお届けいたします♪

本日はスタイリング編、結婚式で最も重要と言っても過言では無いウエディングドレスのラインの種類と選び方を見ていきましょう。

 

▷『ウエディングシーンに活かす!パーソナルカラーとスタイリングで、自分史上最高の私に vol.1』はこちら

 

 

ドレス選びで見た目体重が変わる?パーソナルスタイリングが重要なわけ

よく結婚式までに○kgダイエットしなきゃ!という言葉を耳にしますよね。

ですが、会う人会う人に「私の体重は○○kgです」と挨拶するわけではありませんし、筋肉が多い人と脂肪が多い人では、同じ体重でも見た目が違います。

つまり、重要なのは実際の体重よりも、見た目体重なのです。

似合うライン・デザインのドレスを選べば、よりスタイル良く魅力的に見えるだけでなく、気になる部分もカバーしてくれるため

見た目体重は、ドレス選びでかなり変わります。

 

今回は代表的な、Aライン・プリンセスライン・マーメイドライン・スレンダーラインのドレスの特徴をご紹介しますので

ぜひ自分に似合うドレスのラインをチェック✓してみてください♪

 

Aライン…万人に似合いやすく、失敗しにくい優等生

A-1

A-2

A-3

【Aラインドレスの特徴】

ウエストより上はタイトに、スカート部分は裾に向かって自然に広がっており、アルファベットのAのようなシルエット。

ラインはシンプルですが、刺繍やフリルなどのバリエーションで印象を変えることが出来ます。

【Aラインドレスが似合う人】

背が低くても高くても、ぽっちゃりしていても似合い、可愛く演出してくれます。二の腕が気になる方は、ノースリーブタイプがオススメ。 

どれが似合うか分からない、間違いない物を選びたい、と言う方にオススメの万能タイプです。

 

プリンセスライン…可愛い!を追求できる、お姫様ドレス

P-3

P-2

P-1

【プリンセスラインドレスの特徴】

ウエストより上はタイトに、スカート部分はパニエでふんわりとボリュームを持たせたシルエット。

中世のお姫様やお人形のようなラインが、とても可愛らしいタイプです。

【プリンセスラインドレスが似合う人】

背が低い方にもよく似合うライン。ややぽっちゃりしていても、バスト・ウエストのメリハリがある方ならよく似合います。

またお尻のボリュームが無い方にもオススメ!ふんわりしたスカート部分がカバーして、スタイル良く見せてくれますよ。

とにかく可愛く、お姫様みたいになりたい!と言う方にぴったりのドレスです。

 

マーメイドライン…エレガントで優雅な印象を演出できるドレス

M-3

M-2

M-1

【マーメイドラインドレスの特徴】

上半身から膝あたりまでは体にフィットし、膝から魚の尾ひれのように広がる、人魚のようなシルエットのドレス。

広がった裾部分にはギャザーやレースが使われることが多く、優雅な印象を与えます。

【マーメイドラインドレスが似合う人】

縦のラインが大事なので、基本的に背が高めの方に似合いやすいドレスです。

また、スリムな体型の方が着るとシルエットが活き、洗練された印象を与えますが、痩せすぎている場合は寂しく見えてしまいます。

その場合はギャザーやチュール、厚手の生地でボリュームを持たせたものをチョイスしましょう。

 

スレンダーライン…上品で動きやすい、自然な印象のドレス

S-1

S-2

S-3

【スレンダーラインドレスの特徴】

スカート部分の膨らみが少なく、上から下までシンプルで自然なシルエットのドレス。

上品で清楚な印象が際立ち、他のドレスに比べ動きやすく楽なため、ハウスウエディングやガーデンウエディングなどでも人気のラインです。

【スレンダーラインドレスが似合う人】

こちらも縦のラインが際立ちますので、背が高めの方の方がよく似合います。

ややがっちり体型の方や、バスト・ウエスト・ヒップのメリハリが少ない方(痩せていても)にも、自然なラインで着こなしやすいドレス。

あまり体のラインを出したくない…という方にもオススメのラインです。

 

 

ウエディングドレス選びは、結婚式の醍醐味であり、とても重要な部分!

各ドレスの特徴を押さえつつ、しっかりと試着をして、自分にぴったりの1枚を見つけましょう。

 

次回はパーソナルカラーを活かしたメイクとヘアカラーをお届けします♪

 
Pocket
LINEで送る

2015-05-08 | Posted in パーソナルカラー, パーソナルスタイルComments Closed 

関連記事