「黒は着やせして見える」はウソ?!黒の上手な使い方

d556c1b24bd6061436da4c486fb59a26_s

いつだって気になる、自分の体型。ダイエットは女性の永遠のテーマとも言われますよね。

淡い色は膨張して見え、黒は着やせして見えるから…と、黒を選ぶ方が多いのですが、実はそれ、間違っているかも?!

今回は、上手な黒の使い方を見ていきましょう。

 

色の分類・太って見える色と痩せて見える色とは

色は「膨張色(進出色)」「収縮色(後退色)」に分けることが出来ます。

膨張色とは、主に明るい暖色系を差し、その名の通り膨張して見えるため、着ると太って見える場合があります。

収縮色とは、主に暗めの寒色系を差し、収縮させて見えるため、細くスマートな印象を与えることが出来る色です。

基本的には明度の高い・明るい色ほど前に出て膨張して見えるため、白は最もその効果が発揮される色。

スリムに見せたい場合、全面使いは避けたい、注意が必要な色です。

反対に、最も明度が低い黒は収縮色の代表で、スリムにスマートに見せることが出来る色と言えます。

 

黒は着やせするはウソ?!色の上手な使い方

先に書いたとおり、黒は最も収縮させて見える色であり、着やせ効果が期待出来ます。

ですがこの効果は、元々太っていない人が来た場合に限ります

黒はとてもインパクトが強く、ずっしりと重たい印象を与える色。

太った人がこの色を全面に使用すると、黒い塊のように、どっしりとした重厚感と圧迫感を感じさせ、「重たそう」という印象を強く与える結果となってしまいます。

つまり、「黒は着やせする」という理論はスリムな人になり立つ物であって、逆効果を与えてしまう倍もあると言うことなのです。

 

どうすれば、黒で上手に着やせして見せることが出来る?

スリムに見せたいから黒を着ているのに、重い塊に見えてしまっては本末転倒!

そんな時は、全身を黒ずくめにしないことが大事。

ワンピース一枚ではなく、カーディガンを羽織ったり、明るい色のインナーやストールを持ってきて、黒の面積を少し減らすようにすると、重たい印象を軽減することが出来ます。

黒ベースの直線的な柄生地も、真っ黒より印象を軽くしてくれるのでオススメ。

80df8fbf6922c7f866757c1114a9a782_s

また、ジャケットやカーディガンの前ボタンを開けることで、縦のラインができ、よりスリムに見せることが出来ますよ。

上半身にアクセントを持ってくる事で、目線を上に上げることも良いでしょう。

身長が高く見えることで、スタイル良く見せる事が出来ます。

 

黒に頼らない!似合う色を積極的に取り入れる

黒は着やせカラーの代名詞。

ベーシックカラーで合わせやすいため、たくさん持っている・着ているという方も多いと思いますが、黒の着やせ効果に頼らず、自分に似合う色を取り入れた方が魅力的に映ります。

健康のためにもほどほどの体重をキープし、沢山の色を楽しむ方が、心も身体も元気に楽しく過ごせること間違い無し!

気になる部分をカバーすることも色の効果ですが、良い部分をより引き立てることも色の効果なのです。

 

今日のポイント

黒は着やせカラーの代名詞。

ですがその効果はスリムな人に顕著に表れるものであり、使い方によっては重い塊に見えてしまうことも?!

黒を上手に取り入れて、より魅力を引き出してくれるような色の使い方をしたいものですね。

Pocket
LINEで送る

2015-08-24 | Posted in 色の雑学Comments Closed 

関連記事