サンタクロースの衣装はなぜ赤い?

いつの間にやらクリスマス当日!

みなさま素敵な日を過ごされていますでしょうか?^^

 

少し前に「サンタクロース信じてた?」と聞かれ、「結構長い間信じてましたね・・・」

と答えた若宮ですが、本当に長い間信じていまして…当時を思い出し恥ずかしくなりました(笑)

 

さて、今日はせっかくなのでクリスマスにまつわる色の話

『サンタクロースの服はなぜ赤いのか?』をお届けします。

 

resize-1.php

 

実はこの、サンタクロースの服が赤い理由を語るには

本当はサンタクロースの期限・由来から説明しなくてはならないのですが

ここでは簡単にまとめて、紹介させていただきますね!

 

 

サンタクロースの由来となった人物(聖ニコラス)は司祭です。

司祭は何らかの儀式を行う時、真っ赤な衣装を身にまといます。

この『赤』は

 

・命をかけて人を救う

・地を流そうとも人のために尽くす

 

という事を示していると言わます。

 

つまり、サンタクロースの由来となった聖ニコラスが、司祭だったことから

サンタクロースの衣装=赤になったということです。

 

※諸説あります

 

 

ただし『サンタクロースの衣装=赤』を世界的に定着させたのは、なんとあのアメリカの

コカ・コーラ社なのです!

 

アメリカのコカ・コーラ社が1931年に行った冬のキャンペーンで

真っ赤な衣装を着たサンタクロースが登場し、世界的に『赤い衣装のサンタクロース』が広まりました。

それまでは白や紫など、他の色の衣装を身にまとったサンタクロースもいたのです。

 

santa511

xsanta

何だかサンタと言うより森の妖精みたいですね。

 

現在のサンタクロースのイメージ

 

・陽気でふくよかなおじさん

・ふさふさの白ひげ

・真っ赤な衣装

 

は、すべてコカ・コーラ社(とポスターを描いた画家 ハッドン・サンドブロム)によって

定着したものと言えます。

コカ・コーラ社の影響力恐るべし…ですね!

 

 

と言うわけで、本日はちょっと気になるお話『サンタの衣装はなぜ赤い?』をお届けしました!

 

みなさまも素敵なクリスマスをお過ごしくださいね^^

 

christmas-tree-4-1260937-m

 

Pocket
LINEで送る

2014-12-25 | Posted in 色の雑学Comments Closed 

関連記事