色白に見える色

さて今日は、この夏思っていたより日焼けしてしまった…という方へ!

着る洋服の色で、色白に見せることが出来るって、ご存じでしたか?

 

 

Fashion Shopping Girls Illustration

 

私も今年は、サファリパークに遊園地に花火…何より日常の移動や買い物・洗濯の際

しっかり日差しを浴びすぎて、久々に結構焼けてしまいました。

 

 

そして濃い黄色の花柄の洋服を持っているのですが、コレを着ていると必ずといっていいほど

旦那様に「…また焼けた?」と言われます。

 

そんなに毎日毎日、目に見えて分かるほどのスピードで焼けていってはいません(笑)

 

 

どういうことかと言うと、黄みの服を着ると、余計に肌に黄みが足されて見えているんです。

つまり、黄色っぽく色味がまして見える→肌の色が濃く見える→焼けて見える、というわけです。

 

黄みの色とは、黄色やオレンジだけではなく、例えば赤ならトマトの赤、ピンクならサーモンピンク、青ならターコイズなど…

パーソナルカラーで言うSpringAutumnのグループの色(下の画像の左2つ)が、これにあたります。

 

4シーズンカラー

 

ですので、色白に見せるにはこの反対、SummerWinterにあたる

青みを感じる色を着ればいいんです♪

 

言われてみると、上の画像の右2つの方が、赤色も入っているのに涼しげで白っぽく見えませんか?

これらの色は、肌の黄みを引き、すっと色白に見せる効果があります。

 

さらに暗い色より明るい色の方が、肌の色を明るく見せますので

ピンクならサーモンピンクよりローズピンク・アイシーピンク。

青系はもちろん、黄色ならレモンイエロー、緑ならミントグリーンを。

 

 

今回はパーソナルカラー(似合う色)とは違い、色白に見せる色という目的でご紹介。

このように、色にはたくさんの使い道があるんです♪

 

ちょっと焼けたなと思ったら…色の力を借りて、色白美肌を演出しましょう,゜.:。+゜

 

 

(※真っ黒になるほど焼けた方には効果は薄いですので、ご理解・ご了承お願いいたします!

 また、"似合う色"とは違う観点で書いておりますので、色白には見えるけど似合わない、という場合もございますので、その点はご了承くださいね(_ _)

Pocket
LINEで送る

2014-08-21 | Posted in 色の雑学Comments Closed 

関連記事