若々しく?もっと大人に? 見た目年齢を操る方法vol.2~コーディネート編~

d21887122391ee87555738453900fd32_s

 

さて、本日は〈見た目年齢を操る方法vol.2~コーディネート編~〉をお届けします♪

 

洋服の選び方ひとつで、年齢も変わって見える?!

ここには書ききれないほどの方法がありますので、簡単なものを少しご紹介いたします。

 

▷見た目年齢を操る方法vol.1~ヘアスタイル編~はこちら

 

 

〈若々しく見られたい!場合〉

 

自分の年齢・見た目にあった服装、もしくは"少し"若い服装を心がける

 →意外かも知れませんが、若々しく見せたいが為に無理をすると若作りになってしまいます。

  自分が思うより少し可愛いかな・少し若い層がターゲットかな、と思う程度にとどめておくことが、素敵に見えるコツです。

 ただし「もうこんな派手な色は…」という風に、自分を落とすことは禁物!

 "少し"若い人向けかな、というものを上手に選びましょう。

 

明るい色の洋服を選ぶ

 →目に入りやすく、効果が分かりやすい色を活用!

  特に黄みのある明るい・鮮やかな色は、明るく元気なイメージを与えますので、コーディネートに積極的に取り入れましょう。

  黄色、オレンジ、ターコイズブルー、若草色など…見ているだけで、気持ちも明るくなる色ばかりですね♪

 

柄物を上手に、ほどよく取り入れる

 →同じ色のワンピースでも、無地と水玉柄だと、水玉柄のワンピースの方が想像するだけでも若々しい気がしますよね。

 無地より柄物の方が華やかに、元気で若々しい印象になりやすいのでオススメです。

 アンティークな柄や色よりも、明るくコントラストのある色合いのものを選ぶと◎

 

 

〈実年齢より上に見られたい!場合〉

 

可愛いモチーフ、装飾、柄の入っていない洋服を選ぶ

 →動物やスイーツ柄の生地はとても可愛らしい印象を与えるため、この場合避けた方がベター。

 レースやフリル、リボンなどは、色合いや使用面積によっては素敵に映えますので、アクセント程度に使ってあるものを選びましょう。

 

シンプルで上質なものを着る

 →必ず高額なものである必要はありませんが、やはり千円のトップスと一万円のものは、見た目もパターンも仕立ても違います。

 値段と質をよく見極め、過剰な装飾の無いシンプルなもの

 ストレートデニム、黒のワンピース、シルクのシャツ、ジャケット、トレンチコート…などをさらっと着こなすことで、落ち着いた大人の雰囲気が際立ちます。

 

落ち着いた色や配色を選び、コントラストに注意する

 →いかにもなピンク!よりも、ピンクベージュの方が落ち着いて見えるように、同じ色でも派手さの少ない方を選ぶと◎

  可愛い色はバッグや靴などでアクセント的に取り入れて、黒・白・グレーの無彩色でまとめても綺麗に仕上がります。

  鮮やかで明るい色を使いたいときは、アクセント的に取り入れるか、コントラストの強い配色にして、個性を際立たせるのも素敵。

 

 

 

今回も、リボンやフリルのくだりは除き、男性も女性もお使いいただけるテクニックです!

ぜひ、イメージチェンジの参考になさってくださいね。

 

もっともっと、あなたに合ったコーディネートを知りたい方はぜひBlancへ…お待ちしております^^笑

▷お問い合わせ

 

次回は〈見た目年齢を操る方法vol.3~メイク編~〉をお届けします

楽しみにお待ちいただけると嬉しいです♪

 

Pocket
LINEで送る

2015-02-18 | Posted in パーソナルスタイルComments Closed 

関連記事