緑色のことを「青」と言う理由

9f6dac38eb3a6ef816ed6f0840905552_s
 
先日「なぜ日本人は、緑色のことを青と言うの?」という質問を受け回答したのですが

なるほど!と納得して喜ばれていたので、今日はこのことを書いてみたいと思います。

 

 

この話題で必ず上がる『信号』を始め『青りんご』『青々と…』『青虫』『青汁』など

緑色なのにと言われている物が、日本には多くありますよね。

これはなぜなのか?

 

大昔、日本には色を表す言葉は黒・の4つしかなかったと言われています。

黒・白は今と同じですが、は橙や黄色などを含めた暖色系全般のこと

は緑や紫などを含めた寒色系全般のことを指す言葉として、使われていたと言われており

緑は属している『青』だったということです。

(正確には暖色系・寒色系に属さない色もありますが、ここでは大きく2つで捉えてください)

 

緑という言葉が無かったわけではありませんが(後に出来た)、緑は日本人の感性の中で

『若々しい』『みずみずしい』『生き生きしている』という意味として捉えられており、色名としては青と呼んだようです。

"青々としている" や "緑の黒髪”が良い例ですね。

 

つまり、昔の名残と日本人独特の繊細で豊かな感性が、緑のものを青と呼ぶことに繋がっているのです。

 

 

多くの人が一度は思ったことがあるであろう疑問。

身近な謎が解けると、色の歴史や深さが見えてくるかも知れません。

 

私も日々新しい知識を増やしてゆき、どんな質問にもお答えできるよう

そして「色の世界って面白い!」と思っていただけるよう、学び続けたいと思います。

ご質問などありましたら、お気軽にお尋ねくださいね!

 
Pocket
LINEで送る

2015-03-21 | Posted in 色の雑学Comments Closed 

関連記事