ピンクのイメージと心理的効果

image_pink01

ピンクのイメージ

[有形]桜・桃・女性・化粧品・赤ちゃん・スイーツ

[無形]愛・可愛い・優しさ・甘え・献身・女性性・母性・繊細

 

愛にあふれ、優しく幸せな気持ちになれる色

ピンクは周囲の愛を一身に集める赤ちゃんや、可愛らしく癒される花々を連想させる色です。

「バラ色の人生」という言葉があるように、ピンクはまさに人生の幸福や恋愛の至福感を表す、愛と幸せの象徴色なのです。

女性ホルモンの分歩が促される色なので、いつまでも若々しくいられるという美容的な効果も期待出来ます。

とても可愛らしい印象の反面、甘えや依存を表す色でもあり、子供っぽいイメージや自己犠牲的な愛を表してしまうこともあるでしょう。

また、ピンクは子宮の内壁の色でもあり、誰もがお母さんのお腹の中に居た時のような、優しい安心感を覚える色でもあります。

 

ピンクの心理的効果

image_pink02

・優しく穏やかな気持ちになれる

・幸福感をアップさせ、愛情を与える余裕が生まれる

・女性ホルモンの分泌が促される

・ソフトで可愛い印象を抱く

・体の筋肉をリラックスさせ、イライラを和らげる

 

ピンクを好む人の特徴

・親切で世話好き

・女性性が豊か(男性でも)

・依存心、甘えが強すぎる傾向も

・いつまでも若々しく可愛らしい

・繊細で傷つきやすい

・夢見がちで現実感が無い

・他人を包み込み、受け入れることが出来る

 

☆ ピンクを好む時・苦手な時

Blanc-Pointillustration_F01ピンクはとても可愛らしく女性らしい、幸せを象徴する色。

自分が愛に満たされ・幸福で優しい気持ちの時、母性や女性性に溢れているときにピンクを好ましく思います。

逆に自分が幸福だと感じられない時は、敬遠しがちな色でしょう。

また、自分の中の女性性をアピールしたくない、受け入れがたいと感じている場合には、ピンクを苦手と感じ、無意識にニュートラルな色や装いを好むことが多くなります。

ピンク色が大好きな女性は、自身が女性だということを存分に楽しめているとも言えます。

 

Point

ピンクはまさに人生の幸福や恋愛の至福感を表す、愛と幸せの象徴色。

優しさ・可愛らしさ・溢れる愛情を表す反面、依存心の強さや甘えの象徴となる場合もあります。

女性ホルモンの分泌を促し、いつまでも若々しく可愛く鋳られる効果のある色なので、特に女性にはぴったりの色です。

 

◦他の色の効果はこちらから◦

ピンク

オレンジ

グレー  
Pocket
LINEで送る

2016-02-01 | Posted in 色の基本知識, 色彩心理・カラーセラピーComments Closed 

関連記事