黄色のイメージと心理的効果

image_yellow01

黄色のイメージ

[有形]レモン・金・バナナ・信号・子供・ひよこ

[無形]楽しさ・幸福・希望・知識・ユーモア・子供っぽさ・個人主義・ポジティブ

 

幸福や希望にあふれた、楽しい気持ちにさせてくれる色

黄色は太陽の光をイメージさせる、楽しさや幸福・希望を象徴する色です。

明るく目に入りやすい色のため、注意を促す標識やポスター等にも多く用いられ、お金(金色)に一番近い色として金銭運アップの効果があるとされています。

知識欲や独立心の象徴でもあり、ひらめきや自信が高まっている時、新しい物事に挑戦しようとしている時に手を伸ばしたくなる色です。

反面、自分の欲望ばかりに目が行き、自己中心的でわがままになりやすく、子供っぽい面が強く出やすい色でもあります。

色は必ずプラスとマイナスの面を持ちますが、黄色はその性質が最も強く出ると言ってもいいでしょう。

 

黄色の心理的効果

image_yellow02

・明るく楽しい気持ちになる

・知識欲、チャレンジ精神がアップする

・コミュニケーション力がアップする

・幸福や希望を持つことが出来る

・注意、注目性を感じる

 

黄色を好む人の特徴

・ユーモアがあり楽しい人が多い

・知的好奇心が旺盛

・自己中心的になりやすい

・群れを嫌うが適度にかまってもらいたい

・イベント事を楽しみたい

・ポジティブとネガティブの落差が大きい

・フットワークが軽く経営者向き

 

☆ 黄色を好む時・苦手な時

Blanc-Pointillustration_F01黄色は明るさ・楽しさ・希望ある未来の象徴。

根本的に明るくポジティブな人が選びやすく、自分の未来に可能性を感じている・未来に向かって情報の収集や努力を重ねている時に気になる色です。

また、甘えたい・かまって欲しい時にも手に取りやすい色で、小さな子供が弟や妹が生まれると黄色に興味を示すことが多い、という報告もあります。

マイナス思考の時や自分に自信が無い時は敬遠しがちな色ですが、黄色は輝く未来の象徴なので、そのパワーをもらって頑張りたいものですね。

 

Point

黄色は太陽の光をイメージさせる、楽しさや幸福・希望を象徴する色。

明るく目に入りやすい色なので、注意や注目を促す際によく使用されます。

知識欲や独立心の象徴でもあり、ポジティブなパワーを持っていますが、マイナス面が強く出るとわがままで自己中心的になりやすい色です。

 

◦他の色の効果はこちらから◦

ピンク

オレンジ

グレー  
Pocket
LINEで送る

2016-02-01 | Posted in 色の基本知識, 色彩心理・カラーセラピーComments Closed 

関連記事