定番カラーも例外じゃない・黒やベージュも似合う人と似合わない人がいる

「定番カラー」= 誰にでも似合う色?

誰もが1枚は持っている、黒やベージュ・グレーなどの『定番カラー』

合わせやすく便利で、つい何枚も買ってしまう方も多いと思いますが、定番カラーにも似合う・似合わないがあることをご存じでしょうか?

よく使う色だからこそ、自分に合っているかを知っておくととても便利なので、ぜひチェックしてみてください。

 

定番カラーとパーソナルカラーの関係

今回紹介する定番カラーの4色(ベージュ・グレー・ブラウン・ブラック)は、パーソナルカラーの4シーズン(春・夏・秋・冬)と繋がりがあります。

パーソナルカラーのシーズン分類はこのようになっており、春〈ベージュ〉・夏〈グレー〉・秋〈ブラウン〉・冬〈ブラック〉似合う定番カラーになります。

つまり、自分のパーソナルカラーによって似合う定番カラーが異なり、似合わない色もあると言うこと。

例えば、パーソナルカラーのシーズンが夏の方はグレーが良く似合い、上品に着こなせますが、ブラウンでは野暮ったい印象になってしまうことが多いのです。

定番カラーは”誰にでも似合い着こなしやすい色”と思われがちですが、実は全く似合わない場合もあり、よく着る色だけに注意が必要なのです。

 

パーソナルカラーが分からない場合は?

自分のパーソナルカラーが分からない方のために、大まかな判断目安を紹介します。

〇春(Spring)…【肌】黄みを感じる・普通〜明るい色・ツヤがある 【目・髪】ブラウン〜ブラック 【印象】元気・若々しい・キュート

〇夏(Summer)…【肌】青み(赤み)を感じる・普通〜明るい色・普通〜オイリー肌 【目・髪】赤茶〜ブラック 【印象】上品・清楚・穏やか

〇秋(Autumn)…【肌】黄みを強く感じる・普通〜暗めの色・マットな肌 【目・髪】緑がかったブラウン〜ブラック 【印象】落ち着いている・大人っぽい・エキゾチック

〇冬(Winter)…【肌】青み(赤み)を感じる・普通〜暗めの色・血色が良くない 【目・髪】ブラック 【印象】クール・モダン・個性的

自分の肌・目・髪の特徴や、全体の印象と近いシーズンが、あなたのパーソナルカラーのシーズンである可能性が高くなります。

(※あくまで自己診断となるため、正確に知りたい場合はプロの元で診断をお受けください)

 

似合う場合と似合わない場合の違い

それでは、それぞれの定番カラーが似合う場合と似合わない場合、印象や顔写りがどのように変化するのかを紹介します。

 

ベージュ…(春◎・夏△・秋〇・冬×)

似合う場合 似合わない場合
顔が明るく見える

血色良く見える

活き活きと輝いて見える

若々しく見える

肌にハリ・ツヤを感じる

顔色が黄ばんで見える

輪郭が膨張して見える

肌に厚みを感じる

顔にテカリを感じる

 

グレー…(春△・夏◎・秋×・冬〇)

似合う場合 似合わない場合
色白に見える

上品に見える

肌に透明感が感じられる

優しくソフトな印象

肌がなめらかに見える

青白く見える

不健康な印象

弱々しく見える

印象が薄くなる

 

ブラウン…(春〇・夏×・秋◎・冬△)

似合う場合 似合わない場合
血色が良く見える

顔の印象がハッキリする

輪郭が引き締まって見える

肌がなめらかに見える

大人っぽい印象になる

顔色が黄ばんで見える

顔色がくすんで見える

老けて見える

地味な印象になる

 

 

ブラック…(春△・夏〇・秋〇・冬◎)

似合う場合 似合わない場合
肌に透明感が感じられる

色白に見える

輪郭が引き締まって見える

肌が艶やかに見える

ハッキリとした印象になる

青白く見える

不機嫌に見える

冷たそうな印象に見える

顔に影が目立つ

 

「似合う気がしていた」「違う気がしていたけど定番カラーだから似合わない人は居ないと思っていた」など、思い当たる色はありましたか?

色は着る人により見え方が全く違います。

鏡の前で合わせて見たり、何だか似合わないなと感じたらチェックする癖をつけ、自分がより素敵に見える色を探してみましょう。

▷パーソナルカラーとは?基本編

▷パーソナルカラーの診断方法と効果

▷上手に使い分け!似合う色と好きな色が違う場合

Pocket
LINEで送る

2015-07-19 | Posted in パーソナルカラーComments Closed 

関連記事