重たくない!シンプルが可愛い、夏のモノトーンコーディネート

6942ecb9aca16fb0370855b0b12e9f26_s
 
春夏の装いと言えば、明るくポップな色・涼しげな色がメジャーですが、実は夏のモノトーンコーディネートも捨てがたい可愛さ!

黒・白・グレーを用いた、重たくない夏のコーディネートとコツを見ていきましょう♪

 

夏の黒は重たい?涼しげに見える黒の選び方

モノトーンコーディネートは、どちらかと言えば冬のイメージ。

やはり暗く濃い色なので重たいイメージになりがち…と思っていませんか?

確かにそうなのですが、同じ黒でも2つの方法で夏らしく・涼しげに着こなすことが出来るのです。

1.透け感・柔らかさ・動きのある素材を選ぶ

 →例えば綿のシャツよりもシフォン素材の方が、透け感と柔らかさがあり・風に揺れるため涼しげに見えます。

 同じ黒でも堅い・厚みのある素材は暑く感じますので、ふんわりと風に揺れ・日の光が透けるような素材を選ぶと、ぐっと夏らしい着こなしを楽しめます。

tops_110119_2color11

出典:rakuten.jp

 

2.コーディネートの中で、黒の割合を4割程度に抑える

 →モノトーンコーディネートの場合、理想的な割合は全体を10として"黒6:白4"と言われますが、夏に爽やかに着こなすためにはこの割合を反対に、黒4:白6程度にすると重たくならずに着こなせます。

 コーディネートとは全体を指しますので、例えばワンピースに黒が多い場合は靴やバッグなどの小物や、アクセサリーを白にして調整しましょう。

 

この2つのどちらかでも取り入れると、ぐっと夏らしいモノトーンコーディネートを楽しめますので、ぜひ覚えておいて下さいね!

 

モノトーンコーディネートで、もっと色を楽しめる?!

明るく涼しげな色が街に溢れる夏。

もちろんそういったコーディネートを楽しむも良しですが、あえてモノトーンコーディネートにすることで、余計に色が楽しめるのです。

それは、モノトーンだからこそ、アクセントカラーが映える!ということ。

rakuten.jp2

出典:rakuten.jp

ベースとなるコーディネートが無彩色だからこそ、少しの面積の有彩色がいいアクセントになり、ぱっと華やいだり・印象が変わる様子を楽しめるのです。

アクセントカラーにはあえて明るく鮮やかな色・大好きな色を持ってきて、存分に色を楽しみましょう!

 

重たくない!夏のモノトーンコーディネート

それでは実際にモノトーンコーディネートを見ていきましょう。

webmarketing.link

出典:webmarketing.link

ノースリーブとスカートに、スニーカーを合わせた綺麗目カジュアルコーデ。クラッチバックがお洒落のアクセント。すぐに真似できそうなシンプルさが魅力的ですね♪

 

belluna.jp

出典:belluna.jp

モノトーンの大きめチェック柄が可愛いワンピース。厚手の生地も、白の面積が多いと重くなりません♪

 

style-cruise.jp

出典:style-cruise.jp

グレーのマキシワンピースは、黒よりも涼しげに見えやすい♪ボーダーカーディガンがアクセント&スタイルアップになった、ラフなスタイル。

 

woman-lifeinfo.com

出典:woman-lifeinfo.com

ギンガムチェックに白のパンツは、夏らしく爽やかな組み合わせ♪赤の細ベルトが映えるモノトーンコーディネート。

 

magaseek.com

出典:magaseek.com

黒地に白の花柄ワンピースは、柔らかい素材で涼しげ&可愛らしく♪靴や小物などにアクセントを置いて楽しめるコーディネート。

 

milanda.net

出典:milanda.net

定番のボーダートップスに白パンツ・ジレを合わせたハンサムな装い。鮮やかなイエローのバッグが映えるコーディネートですね♪

 

mery.jp072

出典:mery.jp

白×グレーでモノトーンながらとても涼しげな、綺麗目コーディネート♪明るいオレンジのバッグが、夏らしく元気な印象を与えます。

 

今日のポイント

モノトーンコーディネートでも、素材と黒の比率を調整すれば重くならない!

夏でも可愛く涼しげに、黒・白・グレーのシンプルな組み合わせを楽しむ事が出来ます♪

無彩色に映える有彩色を楽しむ事も出来る、モノトーンコーディネート。

夏でも敬遠せずに、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

 
Pocket
LINEで送る

2015-07-26 | Posted in パーソナルスタイルComments Closed 

関連記事