青のイメージと心理的効果

image_blue01

青のイメージ

[有形]海・空・水・制服

[無形]冷静・誠実・信頼・内向性・知性・悲しみ・憂鬱・自由・理性

 

知性と冷静さを感じさせ、世界を魅了する色

青は広い空や海を連想させ、どこまでも広がる自由さや寛容さ・静かで理知的な印象を与える色です。

世界中で一番好まれる色は青色だと言われるほどで、特にヨーロッパでは国旗にも青が多く使用しされ、ロイヤルブルーが王室の象徴的な色とされています。

血圧や脈拍・体温を下げる効果があり、客観的で理性的な状態を象徴する色です。

青は内向性を表し、求心的で自分の内側を深く掘り下げることの出来る色ですが、「ブルーな気分」という言葉があるように気分が沈んでいる状態を表す色でもあります。

 

青の心理的効果

image_blue02

・強い信頼感を与える

・血圧、体温、脈拍を下げる効果がある

・食欲を抑える

・知的で誠実な印象を与える

・気持ちを鎮静させ、冷静になれる

 

青を好む人の特徴

・常に冷静で落ち着いた判断が出来る

・肉体派より頭脳派

・穏やかで平和的な人が多い

・一人の時間、少人数での集まりを好む

・内向的で自己探求する傾向

・ストレスや不満をため込みやすい

・誠実で真面目な人が多い

 

☆ 青を好む時・苦手な時

Blanc-Pointillustration_F01青は知性や冷静さを感じさせ、自分の内面を掘り下げる色。

自分自身と向き合う時間を作りたい、興味のあることを追求したい・精神的な成長を望んでいる時に気になる色です。

またマリッジブルーなどに代表されるように、気分が沈んでいる・憂鬱な時に選びやすい色でもあるので、青ばかり気になる時は少し自分の心に目を向けても良いかも知れません。

逆にやる気やパワーがみなぎっている、体を酷使して何かを掴みに行く、という状態の時は選びにくい色です。

 

Point

青は広い空や海を連想させ、どこまでも広がる自由さや寛容さ・静かで理知的な印象を与える色。

誠実さや信頼感を与え、世界中で最も好かれる色です。

自己の内面的な成長に繋がる色ですが、マイナスの気持ちの時にも選びやすい色なので注意が必要です。

 

◦他の色の効果はこちらから◦

ピンク

オレンジ

グレー  
Pocket
LINEで送る

2016-02-03 | Posted in 色の基本知識, カラーセラピーComments Closed 

関連記事