パーソナルカラーとは

 

パーソナルカラーとは?

英語で"パーソナル"は"個人の・個人的"、つまりパーソナルカラーとは"個人の色"という意味です。

人はひとりひとり、肌や目・髪の色が違い、特徴があります。

その色味や特徴に合い、良さを引き出してくれる色、それがパーソナルカラーであり、一般的には似合う色を見つけるもの=「パーソナルカラー診断」として普及しています。

 

パーソナルカラーのシーズン

パーソナルカラーでは、一般的に 春(Spring)夏(Summer)秋(Autumn)冬(Winter) の4つのシーズンに色を分類しており、パーソナルカラー診断ではこの中から似合う色のグループを見つけます。

シーズン ベース 色の特徴 イメージワード
イエロー

明るく鮮やか

ビタミンカラー

透明感がある

キュート・ポップ

明るい・元気

派手・若々しい

ブルー

明るくソフト

パステルカラー

スモーキー

ソフト・優しい

清楚・おしとやか

上品・控えめ

イエロー

暗めで深みのある

アースカラー

こっくりとした色

シック・落ち着いた

ゴージャス・大人

エキゾチック

ブルー

強くはっきり

モノトーン・蛍光色

コントラストの強い

シャープ・モダン

個性的・都会的

アーティスティック

このように、それぞれのシーズンには色やイメージの特徴があり、まず大きくベースカラーが2つ(イエローベース・ブルーベース)に分けられます。

イエローベースとは黄みがかった色のこと、ブルーベースとは青みがかった色のことを指します。

その他、色味や明度・彩度などの色の特徴から、4つのグループに色が分類されています。

 

4つのシーズンのよくある勘違い

例えば冬のシーズンだと青などの寒色系、春だと黄色やオレンジばかり…というかたよった色の印象を持たれていることがありますが、これは勘違いです。

もう一度4シーズンの色を見てみましょう。

冬にも赤や黄色がありますし、春にも青や茶色がありますね。

では"春の赤"と"冬の赤"を見比べてみましょう。

春の赤はトマトのような、黄みがかって明るく鮮やか・冬の赤はワインのように少し暗く青みがあり、こっくりしています。

これがイエローベース・ブルーベースの違いであり、シーズンごとの色の違いです。

このように、パーソナルカラーとは「赤が似合って青が似合わない」ではなく「同じ赤でもトマトの赤が似合うかワインの赤か」を見分けるものであり

色のイメージが沸きやすく、分かりやすいように春・夏・秋・冬と四季の名前がつけられているのです。

 

☆豆知識 〜無い色もある〜

Blanc-Pointillustration_F01パーソナルカラーの4シーズンには、赤があって青がない、というわけではないのですが、シーズンごとに"存在しない色"も少しだけあります。

例えば夏(Summer)にはオレンジ色が無く、秋(Autumn)には水色はありません。

これはそのシーズンの特徴に極めて合いにくい色なので、パーソナルカラーの観点から言うと"避けた方が良い色"になります。

 

Pocket
LINEで送る

2017-04-04 | Posted in パーソナルカラーComments Closed 

関連記事